In The Red

by Pudding Kingdom

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      ¥500 JPY

     

1.
2.
3.
05:46
4.
5.
06:56

about

PKCD-0006

credits

released October 13, 2013

music : Dahiz
illust : Shion [紫音]

Vocaloid : YUZUKI Yukari
Guitar : MIZUKAMI Mitsuru
Bass,Piano & others : OHOKI Dahiz

tags

license

all rights reserved

about

Pudding Kingdom Japan

contact / help

Contact Pudding Kingdom

Streaming and
Download help

Track Name: Autumnal Breeze
寒いなら寒いなら寒いならおいで
悪意から悪意から悪意から逃げて

寒いなら寒いなら寒いならおいで
舞台から舞台から舞台から逃げて

人という形の夢は無い
夢という形の果ては無い

寒いなら寒いなら寒いならおいで
悪意から悪意から悪意から逃げて

鬼という形の人は無い
人という形の果ては人

剥がれた、散った、舞う、ひらり
青は孤独を隠す色
彼は誰。君は誰。
さらさら鳴る音ばかり
焦がれた、見入った、舞う、ひらり
あれは孤独を描く色
我は誰。君は誰。
さらさら鳴る音だらけ

そっと目を閉じてみる
埋もれていたいの<この森に>

人という形の夢は無い
夢という形の果ては無い

寒いなら寒いなら寒いならおいで
覚悟なら覚悟なら覚悟ならあげる

剥がれた、散った、舞う、ひらり
青は孤独を隠す色
彼は誰。君は誰。
さらさら鳴る音ばかり
焦がれた、見入った、舞う、ひらり
それは孤独を描く色
我は誰。君は誰。
さらさら鳴る音だらけ

ふ、と目を開けてみた
繋がれてしまう<この森に>

剥がれた、散った、舞う、ひらり
夜は孤独を隠せるの?
彼は誰。君は誰。
さらさら鳴る音ばかり
焦がれた、見入った、舞う、ひらり
これは孤独を描く色
我は誰。君は誰。
さらさら鳴る音だらけ

そっと目を閉じてみる
埋もれていたいの<この森に>

ずっと目を閉じていたい
埋もれていたいの<この森に>
Track Name: Light Of Dusk
確かな死さえ確かめられなくて

生者の糸は誰かが手繰るもの?

私が死んで私が生まれたの

生者の糸は誰かが操るの?

消し去れ
世界に放たれ忘れた
過去の糸の先

触れた黒く重い靄
あの影細い腕を
触れた食らう気の牙
あの影細い脚を

だって、やっと、私はね・・・


確かな愛を確かめてみたくて

生者の糸は誰かが千切るもの?

誰かが死んで彼女が生まれたの

生者の糸は何処かに繋がるの?

消し去れ
何処かに放たれ掠れた
インクで書く詩

触れた黒く重い靄
あの影細い腕を
触れた食らう牙、牙
あの影細い脚を

だって、だって、私はね・・・

燃える彼方に
灼かれた森に
抱かれて思い出す
口笛を、口癖を
燃える彼方が
押し寄せてくる
全てを抱き寄せ
包み込むつもりなの


<夕陽に沈んで>
確かに目覚めた
確かな現在の糸の端

触れた黒く重い靄
この影細い腕で
触れた食らう牙なら
この影細い脚で

だって、だって、私はね・・・

だって、そうさ、私はね・・・
Track Name: She Seized
愛し狂うのは、僕の中
僕の中で眠る想い

愛し狂うのは、君の所為?
君の所為にしてしまおうか

焼け落ちた階段は
全て拒む城塞の様で
僕らはただ眺めていた

愛し狂うのは、僕の中
僕の中で眠る想い

愛し狂うのは、君の為?
君の為にしてしまおうか

焼け焦げた壁の絵は
全て恨む亡者の様で
僕らはただ目を逸らした

焼け落ちた階段は
全て拒む城塞の様で
僕らはただ眺めていた

謳歌!謳歌!謳歌!

愛し狂うのは、僕の中
僕の中で猛る想い

愛し狂うのは、君の所為?
君の所為にしてしまおうか

灼け焦げた友の眼は
全て恨む呪いの様で
僕らはただ決意をした

灼け墜ちた友の眼は
全て望む宝石の様で
僕らはただ縋っていた

謳歌!謳歌!謳歌!

灼け落ちた階段は
全て拒む城塞の様で
僕らはただ信じていた

灼け墜ちたこの階下は
全てを呑む地獄の様で
僕らはただ信じていた

謳歌!謳歌!謳歌!

愛し狂うのは、僕の中
僕の中で眠る想い

愛し狂うのは、君の所為?
君の所為にしてしまおうか
Track Name: Exposed To The Blood
弾かれた、はじまりはいつも
嘆いてた、おしまいはいつも
天体はくるくる笑う歯車だから

閉ざされた、目の前の扉
崩された、踵のすぐ先
限界はくるくる笑う戯言

覚悟さえ確かなら、言の葉は零れ
私さえ確かならば、打ち捨てて良い

夢、やがて炎。
すぐに君を殺してしまう
それは既に決めた形
だけど許されたい…のかな?

夢、<血に溺れ>泣いた
だから君を殺してしまう
これはいつか決めた欠片
だから許されない

『明日また会えるね』
大事にして欲しかった…


閉ざされた、背に触れる扉
崩された、剣先の向こう
視界はからから笑う戯言

覚悟さえ確かなら、言の葉は流れ
力さえ確かなら、壁などは崩せ

閉ざされた、背に触れる扉
崩された、剣先の向こう
視界はからから笑う戯言

覚悟さえ確かなら、言の葉は流れ
力さえ確かなら、壁などは崩せ

夢、やがて炎。
すぐに君を殺してしまう
それは既に決めた形
だけど許されたい…のかな?

夢、<血に溺れ>泣いた
だから君を殺してしまう
これはいつか決めた欠片
だから許されない

『明日また会えるね』
大事にして欲しかった…

弾けてた、はじまりはいつも
嘆かない、おしまいはいつも
天体はくるくる笑う歯車だから

閉ざされた、君の退く道は
崩された、君の往く道は
正解はくるくる笑う戯言

覚悟さえ確かなら
私の血は零れ
勝利さえ確かならば
打ち捨てて良い

夢、すぐに炎。
今に君を殺してしまう
それはすぐに決めた形
だから許されたい…のかも

夢、<血に溺れ>哭いた
だけど君を殺してしまう
これはいつか決めた欠片
だから許されない

『明日また会えるね』
大事にして欲しかった…

『すぐにまた会えるね』
大事にしてここにいる
Track Name: Fire Dancer
恋くらい
そのくらい遥かな想い
どのくらいの
暗い果てなき夜に

届かなくてもいい
埋もれるよりは
退く道に扉はない

届けなくてもいい
叫ぶ体で
夢なら冷めないで

さよなら


恋くらい
そのくらい確かな想い
どのくらいの
暗い旗なき群れに

届かなくてもいい
埋もれるよりは
往く道に扉はない

届けなくてもいい
叫ぶ体で
夢を重ね泣いて

さよなら

あの星を求め砕いた
身を灼く舞台に
散る雨を、散る雨を

その夢を無言で砕いた
私の心に
置き換えて、置き換えて

この想いを叫んだ
<炎の中で>
見知らぬ夜の空に焦がれ
請い焦がれ

あの星は求め砕かれた
死を灼く応えだから
…散る雨を
恋くらい
そのくらい遥かな想い
どのくらいの
暗い果てなき夜に

届かなくてもいい
埋もれるよりは
退く道に扉はない

届けなくてもいい
裂ける体で
夢から覚めないで

おやすみ

届けてあげる…