Happy Birthday Yukari 2016

by Pudding Kingdom

/
  • Streaming + Download

     

1.
2.

about

Happy birthday YUZUKI Yukari 2016

credits

released December 22, 2016

[vocal] YUZUKI Yuzkari
[compose] [bass] Dahiz
[guitar] MIZUKAMI Mitsuru
[artwork] Shion(紫音)

tags

license

all rights reserved

about

Pudding Kingdom Japan

contact / help

Contact Pudding Kingdom

Streaming and
Download help

Track Name: 冥土落とし
冥土落とし

まるで夢で見ていた景色 
やがて覚めて終わる景色 
それを私の名で呼んで 
そっと、優しく抱いては繰り返す 

これは夢で見ていた景色 
すぐに冷めて終わる景色 
いつも私の名で呼んで 
ぎゅっと手を握り返すの 
 
そうよ、冥土落とし 
どこまでも真っ逆さまに落ちて逝くの 
「果ては地獄か天国」なんて 
綺麗な嘘ばかりだね 
私を拘束るお前が嫌いだったの 

あの日に 
どれだけ、どれだけ、どれだけ、どれだけ、 
血が流れ。
涙が流れ。
今私が、私が、
私が生まれて来たことが唯一つの奇跡だと 
あなたが誰を愛してて 
あなたが誰を憎んで 
それでも、それでも、それでも、それでも 
私はね、ただ愛したの、ほらね?

これまで 
どれだけ、どれだけ、どれだけ、どれだけ、
血が流れ。
涙が流れ。
でも私が、私が、
私が生まれて来たことは唯一つの悪夢だと 
お前が誰を信じてて 
お前が誰を裏切る 
それでも、それでも、それでも、それでも 
私はね、ただ愛したの、ほらね?

ほらね?

まるで夢で見ていた解答 
やがて覚めて終わる解答 
それを私の名に付けて 
そっと、優しく抱いても繰り返す 

これは夢で見ていた解答 
すぐに冷めて終わる解答 
いつも私の名に変えて 
ぎゅっと手を握り返すの 

そうよ、冥土落とし 
いつまでも真逆に夢に浮かび上がる 
「果ては地獄か天国」なんて 
酷い嘘ばかりだね 
私を規則るみんなが嫌いだったの 

あの日は 
どれだけ、どれだけ、どれだけ、どれだけ、
血が流れ。
涙が流れ。
今私が、私が、
私が生まれて来たことが唯一つの奇跡だと 
あなたが誰を愛してて 
あなたが誰を憎んで 
それでも、それでも、それでも、それでも 
私はね、ただ愛したの、ほらね?
 
これまで 
どれだけ、どれだけ、どれだけ、どれだけ、
血が流れ。
涙が流れ。
でも私が、私が、
私が生まれて来たことは唯一つの悪夢だと 
お前が誰を信じてて 
お前が誰を裏切る 
それでも、それでも、それでも、それでも 
私はね、ただ愛したの、ほらね?

ほらね?

Love of Dying... 

そうよ、冥土落とし 
どこまでも真っ逆さまに落ちて逝くの 
「果ては地獄か天国」なんて 
綺麗な嘘ばかりだね 
私を抱擁るお前が嫌い 
だから愛した 

あの日は 
どれだけ、どれだけ、どれだけ、どれだけ、
血が流れ。
涙が流れ。
今私が、私が、
私が生まれて来たことが唯一つの奇跡だと 
あなたが誰を愛してて 
あなたが誰を憎んで 
それでも、それでも、それでも、それでも 
私はね、ただ愛したの、ほらね? 
 
限界は遠い星ね 
何も開始の傍で 
さあ深い洞穴、向こうに抜けよう 
何も無い「死」の 

これまで 
どれだけ、どれだけ、どれだけ、どれだけ、
血が流れ。
涙が流れ。
でも私が、私が、
私が生まれて来たことは唯一つの悪夢だと 
お前が誰を信じてて 
お前が誰を裏切る 
それでも、それでも、それでも、それでも 
私はね、ただ愛したの、ほらね? 
Track Name: 冥土落とし[karaoke]
冥土落とし

まるで夢で見ていた景色 
やがて覚めて終わる景色 
それを私の名で呼んで 
そっと、優しく抱いては繰り返す 

これは夢で見ていた景色 
すぐに冷めて終わる景色 
いつも私の名で呼んで 
ぎゅっと手を握り返すの 
 
そうよ、冥土落とし 
どこまでも真っ逆さまに落ちて逝くの 
「果ては地獄か天国」なんて 
綺麗な嘘ばかりだね 
私を拘束るお前が嫌いだったの 

あの日に 
どれだけ、どれだけ、どれだけ、どれだけ、 
血が流れ。
涙が流れ。
今私が、私が、
私が生まれて来たことが唯一つの奇跡だと 
あなたが誰を愛してて 
あなたが誰を憎んで 
それでも、それでも、それでも、それでも 
私はね、ただ愛したの、ほらね?

これまで 
どれだけ、どれだけ、どれだけ、どれだけ、
血が流れ。
涙が流れ。
でも私が、私が、
私が生まれて来たことは唯一つの悪夢だと 
お前が誰を信じてて 
お前が誰を裏切る 
それでも、それでも、それでも、それでも 
私はね、ただ愛したの、ほらね?

ほらね?

まるで夢で見ていた解答 
やがて覚めて終わる解答 
それを私の名に付けて 
そっと、優しく抱いても繰り返す 

これは夢で見ていた解答 
すぐに冷めて終わる解答 
いつも私の名に変えて 
ぎゅっと手を握り返すの 

そうよ、冥土落とし 
いつまでも真逆に夢に浮かび上がる 
「果ては地獄か天国」なんて 
酷い嘘ばかりだね 
私を規則るみんなが嫌いだったの 

あの日は 
どれだけ、どれだけ、どれだけ、どれだけ、
血が流れ。
涙が流れ。
今私が、私が、
私が生まれて来たことが唯一つの奇跡だと 
あなたが誰を愛してて 
あなたが誰を憎んで 
それでも、それでも、それでも、それでも 
私はね、ただ愛したの、ほらね?
 
これまで 
どれだけ、どれだけ、どれだけ、どれだけ、
血が流れ。
涙が流れ。
でも私が、私が、
私が生まれて来たことは唯一つの悪夢だと 
お前が誰を信じてて 
お前が誰を裏切る 
それでも、それでも、それでも、それでも 
私はね、ただ愛したの、ほらね?

ほらね?

Love of Dying... 

そうよ、冥土落とし 
どこまでも真っ逆さまに落ちて逝くの 
「果ては地獄か天国」なんて 
綺麗な嘘ばかりだね 
私を抱擁るお前が嫌い 
だから愛した 

あの日は 
どれだけ、どれだけ、どれだけ、どれだけ、
血が流れ。
涙が流れ。
今私が、私が、
私が生まれて来たことが唯一つの奇跡だと 
あなたが誰を愛してて 
あなたが誰を憎んで 
それでも、それでも、それでも、それでも 
私はね、ただ愛したの、ほらね? 
 
限界は遠い星ね 
何も開始の傍で 
さあ深い洞穴、向こうに抜けよう 
何も無い「死」の 

これまで 
どれだけ、どれだけ、どれだけ、どれだけ、
血が流れ。
涙が流れ。
でも私が、私が、
私が生まれて来たことは唯一つの悪夢だと 
お前が誰を信じてて 
お前が誰を裏切る 
それでも、それでも、それでも、それでも 
私はね、ただ愛したの、ほらね?